シムシティーに似たMegapolisゲームにはまってる

シムシティーに似たMegapolisゲームにはまってる

ゲームは好きです。よくやる方です。パズルゲーム、RPG、それから育成ゲームが好きです。いま取り組んでいるのがMegapolisというゲーム。街を作るシムシティーのばったもんみたいなゲームです。

megapolis

でも、シムシティーとくらべると、ゴジラが来て町を壊されたり、火事にあったり、UFOがやってきたりすることもないから、安心してまちづくりに取り組めます。しかしお金が貯まらないから、まちづくりよりも効率のいいお金の稼ぎ方をするために、道路もつぶして、ひしめきあって建物を乱立させています。そのほかにも資材をためて、建物を作るという要素もあり、隣人から資材をもらって建てていくというSNS的要素もあります。

Megapolisで役に立った攻略法。

今ならはじめてのインストールで30MBのチップみたいなのがもらえる。最初は訳が分からず建物を建てるために使っていましたが、後々、個数が重要になってくる。ゲームの進み具合は遅くなるけど、ため込んだ方がいい。MBは土地拡大の時にしか使わないようにする。

水力発電所と給水システムはレベルが満たしたらすぐに取り組む。この2つでしばらくの水と電力はまかなえます。土地が狭いので建物を多く立てるためには太陽光パネルや風力発電などは、水力発電所ができたら売り払ったほうがいい

証券取引所もレベルを満たしたらすぐに立てる。1日1回くじみたいなのが引けてお金がもらえます。ポイントを満たせばアイテムももらえます。これに気が付かない人が結構います。

国立銀行、連邦準備銀行も作る。証券取引所のくじ引きみたいなどがタダで引ける回数が増えます。

高速道路、マリーナは土地を拡大してくれる。並べく早目に取り掛かる。レベルが上がるにつれて、建物の面積が1マスだったのが2マス、4マスとなり狭くなります。MBで土地を大きくすることも大事ですが、せっかくなら、材料をためて高速道路などをつくりましょう。

友達が多い人は資材がいる建物はバンバン立てる。友達が少ない人は資材がいる建物を1つにしてアイテムを集中させる。1つの建物を作るのに20個から80個いるものがあるのですが、友達からもらったり、こっちがあげたり、レベルが上がるとプレゼントされたりとさまざまな方法で資材が入ってきます。友達の中にいるコンピュータのひとが毎日資材を各3つ送ってくれるのですが、資材のいる建物が分散してると、資材も分散して、なかなか完成しません。隣人が少ない人は1つ建てたら他は建てない方が早く建ちます。しかし隣人が多い人はいろいろなものを建てておいた方が、隣人から資材をもらいやすくなります。私を含めてそうですが、隣人が欲しがっているアイテムしかあげません。自分だけもらいっぱなしのこともあるし、逆にあげっぱなしの人もいます。隣人が多いのなら、資材がいる建物は建てておいた方がアイテムがいっぱいもらえると思います。

寝る時間を有効に使う。生産工場を建てると物を作って1時間おき、6時間おきに収入が入ってきたりします。時間が経ってクリックしたらお金がもらえるシステムなので、起きる時間を逆算して、どの物を作るかを決めた方がいいです。学校や仕事の時間に合わせて作るのもいいと思います。

効率の悪い物はどんどん売る。最初に建てたカフェや風力発電、民家。効率が悪いので土地が狭くなったなと思ったら売りましょう。右下のブルドーザーをクリックするとゴミ箱がでてきます。それが売りです。

製材所、泉、飛行場、船舶設計事務所は建てると物をつくれる工場になってお金がもらえる。後半お金がなくて苦しみます。普通に建てた組み立てラインよりは効率がよくお金が稼げます。ただし建てるまでが大変です。

facebookとSocial Quantum、今現在パラレルワールド状態で街が2つ作れる状態。Social Quantumだと隣人が選べないけどfacebookだとリアルな友達が選べる。しかしゲームをしてないほうが多いので、写真をMegapolisしてますみたいなのにして、facebookのSocial Quantumのページに書き込むと友達申請がいっぱい来る。そして困る。後は想像に任す。

とまぁ、こんな感じでしょうか。今ひーくんと一緒にやってるけど、飽きっぽいひーくんがまだ続けているので私もしています。