WordPressをレンタルサーバー移行をする前に調べておきたいこと

半年前にサーバー移行をする宣言をして、結局できませんでした。できなかった理由を考えてみました。

xserverへ移行

サーバー契約切れが迫ってるのに次のサーバーか選べていない

契約切れ10日前とかに、どのサーバーにしようかなと悩んでたらいかんでしょ。エックスサーバーにしようか、コアサーバーにしようか、さくらサーバーにしようか、アッチコッチ調べてしまいます。

優柔不断な私にとってはいろいろな人の情報が、決めるのに時間がかかりました。迷うならエックスサーバー
にしておけ。理由はいろんな人がエックスサーバーに移行している情報が多いから。

新しいサーバーの管理画面に戸惑う

次の使いたいサーバーが決まったら、お試し期間を利用してサーバーの管理画面を試すことが必要です。ロリポップに慣れていた私は他のレンタルサーバーの管理画面がとてもわかりづらくなっていました。

ドメインの追加やデータベースの追加などは1番最初に設定をしたあとは複数のドメインを使わない限りは設定したことを忘れていると思うので、少なくともサーバー移行に必要なドメインの追加、mysql5の追加、WordPressの自動インストール、FTP設定の仕方は見ておきましょう。

サーバー移行の手順を調べておく

ネットにはいろいろなサーバー移行の手順があるのでどこのサーバーから次のサーバーへという、自分に合った情報を選びましょう。

windowsかmacかというのでFTPソフトも違うし、バックアップの取り方もプラグインを使うのか、使わないのかというのもあります。移行がサーバーだけなのか、ドメイン名も変わるのかなどによっても手続きが異なります。

今回私は同じドメインでロリポップからエックスサーバーに移行するのでgoogle先生に「WordPress 移行 ロリポップ エックスサーバー」と尋ねて、自分の環境にあったサイトを参考にしました。

もちろんgoogle先生には検索ツールの箇所で1年以内の更新の情報でと指定しました。インターネット関連の情報はすぐに古くなるので、管理画面が違っていたり、新しいサービスができていたりとするので期間指定は必要です。

見つけたら、そのサイトはブックマークです!

どのデータのバックアップをとったらいいのか分からない

ネットにいろんな情報があふれていて、どれが正しいのか見分けがつきません。データベースのバックアップと、WordPressのバックアップを取りましょうと書いてあるけど、WordPressのバックアップてまるごとなのか?と迷いました。

丸ごとバックアップする方法もあるみたいですが、私はデータベースとwp-contentに入っている物だけバックアップしました。バックアップする際は使っていないプラグインやテーマは削除して身軽にし、キャッシュ系のデータも削除しました。

元のサーバーからデータをバックアップできない。

使っているモバイルルーターのせいか、ちえなびの画像データやプラグイン、テーマなどを合わせて250MBのデータをダウンロードするのに半日かかりますと言われてしまいました。遅い。

別ドメインを使って試してみる

別ドメインを持っているのであれば、そのドメインでサーバー移行にチャレンジしてみることをおすすめします。ブックマークしたサイトと同じようやったけど、移行できないっていうこともあり、ググると解決できるんですが、契約切れまでもう少しの時はあたふたしてしまいます。

心配なら別ドメインを使ってやってみるといいです。

レンタルサーバー移行のまとめ

ロリポップの契約切れの今回こそは、Xserverのお試し期間10日間を待たずにまずはお金を支払いました。しかし、それが裏目に出てしまいましたが、ちゃんと移行ができたので良しとします。

お試し期間は管理画面に慣れる期間であって、10日間ただで使えるラッキーと思っていると、いつの間にかお試し期間が過ぎてサーバー移行できなかったというのもあるので、覚悟決めてさっさとお金を支払うことをおすすめします。

Facebook Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA