Spilt view とSlide over の使い方

iPadのsplit over と Spilt view の使い方 iPad

私がiPadを欲しくてたまらなかった理由のひとつがこのsplit view、slide overという機能です。これができたらパソコンのようにコピペが楽になるのにずっと思っていました。

iPadのsplit over と Spilt view の使い方

Spirit viewは画面を2分割できる機能で左にブラウザ、右にメールアプリを開いておけばコピペが一つの画面で切り替えなしにできてとても楽です。

Slide overは開いているアプリの上にもう1つ小さくアプリが開けるような感じでパソコンのような感覚でつかえるとおもいます。

私はコピペする機会がとても多いので、この機能が出てきたiPad Air2とき、なんてiPadってスゴイんだと思った記憶があります

Slide over の使い方

Safariとメモ帳を一緒に開きたいとき先にブラウザを開いて、次に開きたいメモ帳をドックから長押ししてアプリを選択し、ドラッグします

iPadのドックからアイコンをドラック

ドックにないときはよく使うアプリとして登録したり、ブラウザの前に1度開いておくとメモ帳が最近使われたアプリとしてドックに出てきます

縁を触ってスライドすると左右に場所がスライドします。そのまま隅に持っていけば終了することも可能です。iPadのslide over の使い方

上の棒の部分を下にちょっとスライドすると Spilt view に切り替わります。この棒の部分を触りながら左右に動かすことも可能です

Spilt view の使い方

slideoverで開いたアプリの上にある棒を下に引っ張るとsplit view に切り替わります

iPadのspilt view の使い方

真ん中の仕切りにある棒の部分を左右に動かせば好きな幅に変えることができます

仕切りの真ん中の棒の部分を隅まで持っていけばアプリを終了することができます

ちえのまとめ

Spilt view などは使えるアプリが限定されるみたいなのでドラッグしてみて動かなかったらあきらめましょう

iPad
スポンサーリンク
ちえをフォローする
ちえなび

コメント