デート中の食事。お金は…

デート費用は彼氏が持って当然!
前の時代にはよくいたようですが、今もこれからもいることでしょう。
私は、あまりおごられることが好きではないので、
というかラッキーというよりも、恐縮ですとちっちゃくなっちゃいます。
けどお金を出して、断られたら、1回目で素直におごってもらいます。
だって、やりとりみっともないもん。
デート中でなくとも友人同士で会計時に
「ここは私が」
「いいのいいの、私が払うから」
「そんなのだめよ」
と騒いでいるのは好ましくないなと思う
割り勘にして、端数をどうするかでもめてるのもどうかと思う
持ちつ持たれつの関係がとてもベストだと思う。
だが、デート中の食事の会計、これがまた、むずかしい。
当初は出すタイミングが分からない。
お金をだして気まずくなるのもいやだし、
お金を出さないで冷たい女と思われるのもいや。
かれしさんは優しいので当初からおごってくれた人なので
いかにお金を出すのかが難しいのである。
お金を出すタイミングを作ってくれと言いたかった。
作ってくれてたのかも知れないが、わたしは気づかんかった。
そんな中で、私が気を使った方法といえば
最初の方は
かれしさんは全額だすと、あまりいい顔をしてくれなかった覚えがあるので
私はデートのために千円札をかならず数枚入れておく。
5000円札や万札だと、食事程度だと全額お金を出すことになるからだ。
小銭も持つようにした。999円
かれしさんがお札を取り出してる間に小銭を…
どんな端数が来ても対応できるし、かれしさんの財布が小銭でいっぱい何てこともない。
聞くところによると、男性は札中心に使い、ちまちま小銭を出さないらしい。
たまった小銭は貯金して、札から使うらしい。
私のかれしさんは、そんなことないけどね。むしろ私がそうだった。
全額どうしても払いたいときは、
伝票をかれしさんに持たせてしまうと結局かれしさんが払ってしまうので
だから、先に伝票を持つことでこれをクリアする。
もしくは先にお金を出した方が勝ちだ!
まぁ、こんなことができるのも私のかれしさんが優しいおかげでございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA