JetpackのOGPが消えない!アップデートが原因?しかも投稿者リンクを吐き出す

WordPressガリガリタイム!ということでテーマをいじくっていたら、Facebookにシェアするときにサムネイルや概要などを設定するOGP(Open Graph Protocol)というものが2重にソースに吐き出されていることに気が付きました。(今頃かよ。)

jetpackによるOGPのはきだしと削除方法

バブリサイズ共有を有効化するとOGPが自動付加されるようです。さっそくググってみると、みんな同じことに悩んでいた。

[Å] JetpackとOGP指定プ賀ラグインを同時に使うと二重指定!?OGPを削除する方法 | あかめ女子のwebメモ

上記のサイトを参考に、remove_action('wp_head','jetpack_og_tags');をfunctions.phpにいれる。おりやー。

消えない。消えない。消えない。いろいろググってみるが私だけ消えない。

自らユーザー名を名乗っていた。jetpackのOGPをやめた方がいい点

jetpackが吐きだしたOGPをよくみると、TOPページにはないが、シングルページなどには<meta property=”article:autour”>がはきだされており、ドメイン内のauthorページ(投稿者アーカイブ)のリンクがくわえられているのだ。

jetpackogp

不正ログインを記録するcrazy boneというプラグインで一度、パスワードは違うが、ユーザー名が同じというのがあり、絶対に分からないユーザーIDを作ったはずなのにとへこんでいたが、自分から垂れ流していたということが分かって、さらにへこみました。

さらにググっていくとやはりremoveの方法をみな採用しており、その方々のソースもチェックしていくとjetpackによるOGPタグを吐き出しているものがない。これは他のプラグインか、テーマによる干渉なのかと考えていたところ、見つけました。

JetpackのOGPの無効化方法その2

英語がんばりました!googleでjetpack公式サイト内検索をしたら引っかかってくれた。

Remove Jetpack’s Open Graph meta tags — Jetpack for WordPress
functions.php内に以下のコードを埋め込めばOK!

add_filter( 'jetpack_enable_open_graph', '__return_false' );

おそらくjetpackのアップデートをするとauthorのOGPがでるのではないのでしょうか?今まではauthorはなかったはず。。。jetpackのOGPを採用されている方、他のOGPプラグインか自前にして、jetpackによるOGPはやめた方がいいかもしれません。あとはバブリサイズをやめるかですよ!

Facebook Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA