岐阜県不破郡垂井町にある美濃国一宮の南宮大社がきれい

nangutaisha1

岐阜県不破郡垂井町にある美濃国一宮の南宮大社がとてもきれいでした。

最近、ひーくんは御朱印を集め始めて、御朱印帳を持ち歩くようになりました。でも御朱印をもらうという習慣が根付いていないため、よく車に忘れてしまいます。今回は御朱印をもらうために立ち寄ったので忘れることはありませんでした。

nangutaisha1

南宮大社ので楼門

朱色と青空は色が映えるねぇ。南宮大社に行ったときは晴天プラスちょっと雲でとても良い写真が撮れました。

最近、この砂利をよく観察するようにしているのですが、砂利は人が歩くと、石が蹴られてあっちこっち行って砂利の薄いところがでてきたり、盛り上がっているところができてしまいます。

神社の管理者の方が毎朝きっと熊手とかで砂利を平らにしているんだろうなと思いつつ、観察しています。いろいろと工夫しているんですよ。

nangutaisha1

御朱印をもらうところで見つけたポスター。このポスター作った人センスある。パソコンでイラストや文字を作ることが多いけど手書きの文字イラストは目を見張るものがある。こういうのを作れるようになりたい。

nagutaisha3

たるいのためにゃん誕生祭を南宮大社で行うなんて、なんと懐の深い神社なのか。ネコミミ帽を用意したりランチ付きだったり、おつりが出るように…という工夫、きっとスタッフ側のほうがおもしろそうだな。

で南宮大社は、何の神様だったのか。。。

南宮大社|なんぐうさん|交通安全|公式ホームページ

 

豊川市民必須アイテム!兎足神社の風車

郷土玩具風車

4月の第2土日は豊川市小坂井町の兎足神社の風まつりです。この日は奉納手筒花火のほかに田植え神事など、伝統神事を見ることができます。

神様のことは、あまり興味がないので、祀っている神様や由来、御利益の説明は省いて、風まつりのときに見つけた写真をご紹介します。

こちらが兎足神社ちょうど祭礼中
兎足神社

兎足(うたり)神社はその名前の通り、うさぎです。家紋というかマークも兎。だけど狛犬はある。

兎足神社家紋

張り子の大きな兎も鎮座しています。祭礼だったので外に出してありますが、普通の日は中に飾っているそうです。

巨大な奉納ウサギに目が釘付け! 豊川市「菟足神社」 – LET’S GO! あいち アーカイブ 愛知の観光情報保存版!

かわいい。この張り子はNPO法人三州はり子会が作ったものらしい。

兎足神社張り子

そして、今回行った目的がこの郷土玩具風車を手に入れるためでした。ひーくんと豊川のお祭りについて話していたところ、兎足神社の風車って家に飾ってあるという話になり、お互いの実家に飾ってあり、そうそう、一家にひとつこの風車が飾ってあるよね、むしろ必須アイテムじゃんという話になりました。

我が家にはまだ、なかったので、手に入れてきました。これでうちらも豊川市民の仲間入り!

風まつりかざぐるま

この風車はもちろん御利益のあるものとしてでもありますが、郷土玩具にもなっており、実際に風に当てると動くのです。風車を止める黄色いところには小豆が入っており、風車が回るとカラコロなります。しかもまわり方がプラスチックのおもちゃの風車よりも激しい気がする。

おそらく、豊川市民必須アイテムは、御利益のためでなく、子どものために買ったのではないでしょうか。それが今だに実家に…

郷土玩具風車

ただ、壊れやすいので、というか、私は次の日に壊して、接着ボンドでくっつけたので、気を付けましょう。

はだか祭が行われる国府宮神社は意外とちっちゃな所だった。

なおい切れ

愛知県稲沢市にある国府宮神社。毎年旧正月の13日(2月の中旬)に行われるはだか祭。私はテレビでしか見たことがないですが、激混み様子が放送されて、行ってみたいけど、行ったらやばいな。と見るたびに思います。

はだか祭は神男に触れると厄災を祓うとされているので、はだか男はみんな群がっているんですね。

国府宮神社門

今日は、そんなはだか祭じゃない日に国府宮神社に行ってきました。

なおい切れ

注目したいのが、このお守り。なおい切れというそうです。難を追い払う厄落としのお守りだそうです。ただ、私はお守りを買うと1年後に返しに行かないといけない、また買わないといけないかもしれない、という理由から、どこに行ってもお守りを買いません。

どこへ行っても同じような形のお守りですが、国府宮神社のなおいぎれは地域色があってなかなか面白いのではないでしょうか?

1年後、おみくじを結ぶところに収めるようです。

国府宮神社門

はだか祭の会場である国府宮神社。狭い。はだか祭のときいったいどうしているんだろうかと、少し航空写真が欲しい気がします。

参道は普通の参道と違って、商店街がありません。広い道に両隣が民家です。これもまた、豊川稲荷や大須観音、おちょぼ稲荷と違ってまたおもしろいです。

国府宮神社参道

国府宮神社

蒲郡から三河湾を見下ろすお坊さん(子安大師)の顔を確認してきました!

こうやくん

蒲郡から三河湾を見下ろすように弘法大師の像が建っている。三谷温泉の入り口あたりから、見るとよく分かる。

三谷温泉

あれはいったいなんなんだ?ということで現地確認に行ってきました。

急な坂を上っていくと見えたのが、三谷の弘法さんこと、子安大師像です。

やっぱ近くから見ると大きいな。

子安大師蒲郡

2本足で立っていることが確認できる巨像なんて珍しいな。たいがい足は服や幕みたいなので見えなくなっているのに。なかなかのバランス感覚と思われます!

ご利益は子宝、安産とうことでお願いしてみた。

子安大師(@_@;)

どうなんでしょうか。この顔は。聞き入れていただけたのでしょうか…

 

こうやくん

高野山開創1200年記念キャラクターこうやくんなんてのもいるらしいです。これは本物に会いたいです。

砥鹿神社のおみくじはすべてを見透かされているかもしれない

砥鹿神社

愛知県豊川市一宮町にある三河国一之宮砥鹿(とが)神社にお参りに行ってきました。

砥鹿神社は歴史が古い神社です。平安時代に編纂された延喜式(えんぎしき)の中にも神社の一覧に名

を連ねています。ご利益は家内安全や交通安全、商売繁盛などにご利益があるとされています。全部か?毎年5月の3,4,5日はお祭りで流鏑馬(やぶさめ)と呼ばれる儀式がありますが、馬に乗って的を射るものではなくて、子どもが馬に乗って、片手だったり両手を手綱から離して道路を駆け抜けるという儀式です。

砥鹿神社

地元にこんなに古くからある神社があるなんて知らなかったです。お祭りも1度だけ見に行ったことがありますが、目の前の道路に馬が駆け抜けるためにアスファルトの上に土を盛っていたのが私にはとてもおかしかったです。

さてそしてこれが今回引いたおみくじ

砥鹿神社おみくじ

これは、ひーくんのおみくじ。健康に注目!

体重と体脂肪を適正に保つ努力を。

ぽっちゃりとは言えないひーくんの体型。今年は神様が見張っているかもしれません。

 

砥鹿神社

 

舘山寺で引いたおみくじがひどい!そんなこと言われてもどうしようもならん。

舘山寺

浜名湖北西にある舘山寺に行ってきました。

舘山寺は小さいお寺ですが、周辺が温泉街になっていまして、景色のよい浜名湖をを見ながら、温泉に入ったり、夕食を食べたり、近場に、浜名湖パルパルという遊園地やフラワーパーク、ロープウェイ、遊覧船など遊べるスポットもあり、ちょっと旅行を楽しみやすい場所となっています。

舘山寺

舘山寺は豊川稲荷と同じ曹洞宗のお寺です。ひーくんと私は、神社やお寺に行くとおみくじを引きたがるのですが、もちろんここでも引いてきました。ひーくんは高確率で大吉がでます。

最近気が付いたんですが、大吉が出たからって、すべていいことが書いてあるわけでなく、ちょっとした戒めだったり、気をつけろよということが書いてあるということをひーくんのおみくじを見て思いました。私が大吉があまり出ないから気が付かなかったですね。

そして舘山寺で出たおみくじがコレ!

舘山寺おみくじ

カネ不足って何!

努力不足とか、日が悪いとか、そういうもんなら分からるけど、経済的なこと言われたら、どうしようもないっしょ。おみくじひいておちこんだのは初めてだ…。おみくじって、アドバイスをく
れるもんだと思ってたよ。

龍尾神社で梅の花見ができる。掛川城よりも見ごたえがある花見スポット

龍尾神社梅

掛川市にある龍尾神社(たつおじんじゃ)の花庭園に行ってきました。

東海地方のお花見スポットは、夫であるひーくんが愛のオデッセイでいろいろと連れて行ってくれたおかげで制覇したつもりだったのですが、まだまだ知らないスポットがあったようです。

きっかけは報道ステーションのお天気おねえさん青山愛アナのリポートです。そのせいなのか、多くの人が訪れていました。駐車場は無料ですが、入場料が500円かかります。

きれいでしょー。。桜の花見はよくするけど、梅の花見もいいもんだ。と思ったスポットでした。梅の花って小さくて、「なんだ、これか。」ってがっかりするのですが、龍尾神社の梅は見ごたえがあります。

地元の豊川市の赤塚山公園にも梅の花のスポットがあり、ここはいろいろな梅が見ることができるのですが、なんだかイマイチ。公園として散歩するにはちょうどいいところだけど、わざわざ行くようなところではないなぁって思ってました。梅がぽっ!って感じで、うーん。。。て感じです。

龍尾神社の梅は狭い場所に密集した梅が咲き誇ってめっちゃきれい!梅がぱっ!これだよ、花見スポットに求めていたのものは。

龍尾神社梅

高低差のある庭なので、上から見ると密集具合が分かると思います。色も1色だけでなく、激ピンク!桃色、白とカラフルです。

そういえば、赤塚山公園と違うところは、龍尾神社の花庭園の梅はすべて、しだれ梅であることです。しだれてるから表面積が大きくて、かつ、近くに見えて、とってもきれいですね。

今年はそろそろ終わりのようです。来年ぜひともチャレンジしてみてください。

龍尾神社梅

式年遷宮完了は10月。それまでに今の伊勢神宮を見に行こう。

伊勢神宮外宮

伊勢神宮に行ってきました。だいぶ前ですが。

伊勢神宮は20年で建物が作り変えられます。隣の敷地に新しく立てて引っ越すのです。テレビで伊勢神宮がよく取り上げられているのでご存知の方が多いかと思いますが、私は勘違いしてました。もう式年遷宮は完了していると!だから、ひーくんにねだって連れて行ってもらったのに。

実際は8年くらいかけて木材を準備しているので式はまだ途中の状態。いまやっと大工さんトントンしている状態なのです。布で覆われていて新しい新殿を見ることができないのですが、隙間からチラっと見ると新しい木が!というわけで、今は雨風で古臭くなっていますが、こちらをお参りすることができるのが10月までなのです。そして10月以降にまた伊勢神宮にいって新殿を見るのです。

伊勢神宮外宮

二人とも信心深くはないので、TPOに合わせてお参りをする程度です。都合のよいときだけ、神様にお願い事するという感じ。だから伊勢神宮でひーくんと話したことも、

20年で作り変えるなんて大変だよね。

昔はメンテナンスよりも新しく作った方が楽だったんじゃないの?

どうする?あっちの神社もお参りする?

神様がいて、お参りするの大変だよね。お参りするところと、しないところがあって、神様にとっては不公平だと感じてるんじゃない?

伊勢神宮にどうやったら就職できるのかな?

神職は分からないけど、警備や清掃、管理だったらハローワークに出してるんじゃないの?

森林管理がめっちゃ気になる!

とまぁ、合理的な話をしてました。それでも伊勢神宮は巨木がたくさんあって、雰囲気があるところなので、死ぬまでに一度は行ってみたい箇所になるのもうなずけるものだと思います。

伊勢神宮の参拝ポイント。

外宮にお参りしてから内宮に行く順番があるようです。週末はお正月みたいに行列ができるので、心して伊勢神宮に行きましょう。

TVや雑誌で取り上げられているパワースポットがいろいろと伊勢神宮ににはあるようですが、伊勢神宮周辺にはパンフレットや看板がないので、しっかり下調べをしてから行きましょう。私たちも知らずに、人が集まっているところに行ってみたら石が置いてあって、何が珍しいのかよく分からないまま手をかざしてました。

カップルで行くなら夫婦岩に見に行こう。伊勢神宮のわかれるジンクスなんてぶっとばせ!

三重県夫婦岩

伊勢神宮、内宮に行く前に外宮に、さらにその前に二見興玉神社でみそぎをするという流れがあったようです。まぁそんなことも知らずに、伊勢神宮に行く前に立ち寄ったところが夫婦岩でした。

二見町にいくなら夫婦岩を見よう。

私は夫婦岩というものを知らなかったで、ひーくんがよくテレビでしめ縄をつけているところと言われて私はピンときました。あーよく台風で切れちゃうところ

伊勢神宮にはカップルで行くと分かれるというジンクスがあります。神様が女性だからやきもちを焼くんだと。幸い私たちは以前にも一緒に出掛けましたが、結婚まで漕ぎついております。二見興玉神社は縁結びや夫婦円満のご利益もあるそうなので立ち寄るといいでしょう。

それから夫婦&カップルで夫婦岩で撮るのが定石のようです。私たちも撮りました、さらにこちらの夫婦岩は全国夫婦岩サミット連絡協議会のメンバーのようです。

三重県夫婦岩

二見興玉神社の神様はかえるのようで、にカエルの置物がたくさん。着ぐるみもいました。伊勢・二見PRキャラクター ブージィとエルカだそうです。無事に帰るが名前の由来だそうです。あまりぱっとしませんが、ほかのゆるキャラが濃すぎるだけでしょう。

二見町かえる

旅館の中に塩を海水から作っているところホテルがあって塩結びの宿 岩戸館で工場見学ができます。泊まっていなくても見学はできます。普通の塩は白いですが、この塩は黄みがかっています。二見町で買うお土産だったら、コレしかないでしょう。あとはどこにでも売ってそうなものでした。

岩野の塩二見

他にも二見シーパラダイスという水族館もあって、こちらも近くに鳥羽水族館があるにもかかわらず人気スポットだとあとから聞きました。

静岡県富士宮市の浅間大社で見つけたさくら棒は、どうしても欲しかったお土産!

さくら棒

今年の元旦は静岡県富士宮市の浅間大社に初詣に行きました。豊川稲荷に行ったのは2日で、浅間大社が元旦。初詣は行ける限り何度でも行くべし。これが私のルールです。

今までにいろいろなところでかれしさんと初詣に行きました。浅間大社は初です。

信心深い人ではないので、神社に行ってもお寺に行っても、形だけお参りする程度で願い事はあまりしません。だから、だれだれを祀ってると言われてもさっぱりなのです。

そんな浅間大社で手に入れたのはさくら棒

SNSでさくら棒のことを知ってから、どうしても欲しかったのです。静岡県の神社などの出店によくある物らしいということは知っていたのですが、出店を見る機会なんて初詣か、その神社のお祭りくらいでタイミングが合いませんでした。しかーし

今回は手に入れた!ロング麩菓子さくら棒を!

さくら棒

もうめっちゃうれしくて、いかに、この麩菓子を家まで折らずに持ち帰るかを考え、ハードディスクよりも細心の注意を払って持って帰りました。こんなさくら棒単品だけでなくて、さくら棒を武器に戦うシーンとか、いろいろと写メってしまいました。

念のため。このお土産は子供向けのようで、これを持っているのは子供しかいませんでした。