NEOPASA静岡(上り)が駿府家康村にリニューアル

NEOPASA静岡といえば、ガンダムショップ。でもそれは下りのこと。上りにはTシャツの自販機しかありません。NEOPASA静岡(上り)に久々に行ったら駿府家康村になってました!

NEOPASA静岡(上り)駿府家康村とは

2015年は徳川家康が亡くなって400年の年です。これを利用して記念して静岡市、浜松市、岡崎市の家康公に縁のある市がイベントを企画しています。

NEOPASA静岡(上り)に登場した駿府家康村もこのイベントの1つで、期間限定で1/25から9/27まで開催しています。

駿府家康村の様子

 

まずは入り口。かなりださい。neopasa静岡上り

家康400年祭

中に入ると「余が大御所じゃ」と家康公と記念撮影ができるパネルが迎えてくれる。かなりださい。

neopasa静岡上り天井

天井はちょっと和風になってる

その他、家康公の歴史がわかるパネルなどが配置されています。

駿府家康村のお土産

おみやげの中にも家康公顕彰四百年に関連したお土産やフードコートで家康公メニューを作っています。今回はおもしろいものがなかったので買いませんでした。

これはおもしろそうだと思ったものの中に、徳川埋蔵金弁当というものがあるのですが、ただのお弁当でした。上から見たら白いご飯だけど下におかずが入っててどこから食べるかでおかずが変わるぐらいの埋蔵金をして欲しかった。

おみやげの詳細はNEOPASA静岡(上り)のHPで御覧ください。

ちえの感想

新東名はどこのサービスエリアもきれいですので、休憩がてら立ち寄って家康公四百年祭のチラシなどをgetしてみてはいかがでしょうか。

Facebook Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA