私が使っている三河弁

NO IMAGE

今、私が使っている三河弁を整理している。

豊川市出身豊川市在住。豊川歴30年くらい

語尾につける、じゃん、だら、りん、だに、はよく使う。

じゃんは、やったじゃん、すごいじゃん、かわいいじゃん、のように褒めるときによく使う。

バカじゃんも使うけど、愛嬌のあるバカという言い方か。

だらは、だらーで語尾を伸ばして使う。そうだらー、と同意を求めるときや、うそだらーと確認を求めるときに使う

りんは、しりん、やりん、たべりん、動きんなど、動詞をカスタムして使う。

はよやりん、というような命令系で使うときもあれば、やってみりんのように人に勧めるようなときにも使う

だには、そうだに、と同意を求めるときに使うが、個人的には、えっ知らないの?という気持ちを込めて使っている気がする。

ど、もよく使う

ど、はとてもという意味だが、とてもじゃなくても、とてもすごいのような感じで使っている気がする。どうまい、どかわいい、どいいーは、うまい、かわいい、いい、ぐらいの意味で、しいて言えば、どがないといいにくいからか。

まい、はあんまり使わないようなきがする。のん、もわたしは使わない

居るの意味で、おる、をよく使う

 

[table id=5 /]