一面の黄色は見ごたえあり!田原、菜の花まつりに行ってきたよ。

田原菜の花まつり

愛知県田原市の菜の花まつりに行ってきました。1月から3月末まで楽しめるそうなので、ちょっと遠いですがぜひ!

川沿いに菜の花が咲き始めると、春がもうすぐ来るかも!とそわそわし始めます。川沿いの花もきれいですが、畑一面にある菜の花もきれいです。

田原の菜の花のポイント

こんな感じで菜の花畑を楽しむことができます。菜の花畑には散歩道も設置されており、道沿いから眺めるだけでなく、菜の花畑の中心にも行けてしまいます。

田原菜の花まつり

写真を撮るにはもってこいです。

川沿いの菜の花は勝手に摘み取っちゃいますけど、田原の菜の花まつりでは有料です。勝手に摘み取らないように。観賞用にするのもよし、おひたしにするにもよし。いろいろと使えるようです。ただ、わたしにはそんな高等技術がなかったために、お持ち帰りはしませんでした。

週末にはあちらこちらでイベントをしているようですので、そういう時に菜の花の料理などが楽しめるようです。

さてさて、問題は渥美半島へのアクセス。

豊川に住んでいる私が遠いっていうのだから、名古屋から来る人なんて、さらに遠いでしょう。渥美半島の先端の方にメイン会場があり、イベントもおもにそちらでやっているようです。

ちょっと見たいだけなら、ちょっとだけ近い.加治の菜の花畑をご紹介します。今回いったところです。道の駅めっくんはうすの近くなので、産直野菜を買いがてら、菜の花畑に行くのはいかがでしょうか?

もちろん遠いですけど、豊橋鉄道とバスにのって、車内から菜の花を楽しむこともできるし、シャトルバスもあるので、車を持ってない方も楽しむことができます。オススメはフェリーを使ってで三河湾1周ドライブがおすすめです。一度やってみたい!もちろん運転手はかれしさんで!

さて、このブログを読んでみていかがだったでしょうか。いかに渥美半島先端が遠いということが分かって頂けたかと思います。

田原菜の花まつり

 

 

念願の渥美あさりの押し寿司を食べることができて、ちょーうれしい

渥美のあさりの押し寿司箱

あいちを食べにおいでん祭を計画的に狙っていた私たちが、まず最初にGETしたのは、もちろん渥美半島のあさりの押し寿司。

1本800円也と、このイベントでは高価な部類に入りますが、迷わずGETしてきました。そしてお持ち帰り。渥美のあさりの押し寿司箱

こんな感じでお土産に最適です。10時30分ごろに会場に着いたのですが、あさりの押し寿司にはあまり並んでいませんでした。人は匂いの出るものに並びたがる傾向があるようです。

渥美のあさりの押し寿司

そしてこれが中身。2年越しのあさりの押し寿司だったので、感無量。やっと出会えた!という感じです。

そして実食。

甘辛く煮たあさりと酢飯がマッチしておいしーーーです。

お土産にもらったらうれしいです。

ちなみに、このあさりの押し寿司。12時過ぎにイベント会場を通ると、売り切れでした。何本持ってきたのか知らないけど、作れる本数が少ないようです。こういったイベントには不向きですが、それを見越してか大あさりのフライを売っていたので料金調整のために買ってしまいました。

次にあさりの押し寿司が買えるのは来年1月からです。

渥美のあさりの押し寿司が販売されているところも限定されて、土日祝日に限定100本しか販売していないために、次に食べることができるのはいつになるのでしょうか…

 

ちょっと気になったのが、作られている製造元。豊川市小坂井町のメーカーが作っているので、商品表示に住所が書かれていて、ちょっと気持ちがなえた。ご当地グルメなんだから、材料の採集から製造、販売までをご当地で完結してほしいなと思いました。

あいちを食べにおいでん祭に行ってきた人たちのブログ

ミントな気分~ママ編~

この方もやはり、押し寿司を早々にgetしてる!

アサリの押し寿司は知る人ぞ知る、かくれヒット商品らしい

貝つくし渥美

アサリの押し寿司が食べてみたい。
以前に見かけた時、完売だった。つぎも完売。
作る量が少ないのか、イベント前半にいってもなかなか手に取ることができないのがあさりの押し寿司なのです。

そうすると、どうしても食べたくなるものです。

貝つくし渥美

貝づくし渥美のHPによると、あさりの押し寿司は期間限定販売みたいです。通常1月から5月までで、毎日100本限定で土日のみ。

めっちゃ限定商品じゃん

今、田原に行っても買えないじゃん。

めっちゃ購買意欲が上がってきました。

ゆるキャラのかいくんというこがくるそうです。願わくば、売り切れる前に登場してください。

どんぶり街道のスタンプラリーは難しい

どんぶり街道

田原のどんぶり街道はご存じですか?
田原でどんぶり飯を出しているところが集まってスタンプラリーを開催しています。それがどんぶり街道です。

田原は海で取れた魚介類、牧場でとれる豚肉、畑で取れる新鮮野菜など、1つには決めれないほどおいしい物がそろっています。田原で取れるものを利用して飲食店がどんぶり飯を作っています.

どんぶり街道

しかし田原は広い。かつ、どんぶり飯なので2つも食べれないから、スタンプ分の回数、田原に足を運ばないと行けなくなる。スタンプラリーは10個でマイ箸と交換してくれる。10回も田原に行く用事を作らないといけないのです。

10回もです。

田原って、なかなか行く機会がないのよ。

道がまっすぐで、海沿いを走ったりと、ドライブには最適だけど、何せ遠い。毎週行くわけにはいかないし、1カ月に1回行くのも難しい。

田原に行くきっかけになりそうなのは、花見です。ひまわり、コスモス、菜の花と、無料で見れるような環境が整っていて、デートにピッタリなのです。

しかし私の場合、花の見ごろを見逃すパターンが発生するので、忘れずに開花情報をgetする方法があればなと思いました。

どんぶり街道のHPの作り込み方はすごいと思う。

HPを見たら多分、田原に行きたくなる。

キャベゾウさんはあいちを食べにおいでん祭には来ないんですか?@kyabezo

キャベゾウ

今回のあいちを食べにおいでん祭で食べてみたい一品。キャベコロ。ジャガイモが入ってないキャベツコロッケです。

ジャガイモが入ってなくてコロッケなのかと思ったが、カニクリームコロッケもジャガイモ入ってないもんな。

田原のキャベツはお日様の光をめいいっぱい受けて、甘くなりまーす。キャベツの生産地としてとっても有名です。収穫時期になると軽トラにつまれたキャベツをよく見ることができます。

そんなキャベツを使用したからにはおいしいに決まっとると、ぜひ食してみたいのです。あいちを食べにおいでん祭のサイトのキャベコロがいまいち補正が赤みがかっておいしくなさそうだった。キャベコロの画像を探しても、おいしそうなものがなかったので、補正してしまった。

グリル華さんというお店で食べれた模様。今も食べれるのかなぁ。

キャベコロとは関係ないけど、同じキャベツつながりで、最近注目しているゆるキャラ「キャベゾウさん」田原市民まつりの公式キャラクターです。かいくんよりもキャベゾウさんに来てほしいよ。

キャベゾウ