避難所はだれが作るのか、蒲郡で防災リーダー講座に参加してきた

避難所ワークショップ

8/28に蒲郡市勤労福祉会館で行われた防災リーダー講座に参加してきました。このイベントは市民団体が計画して自治体職員や施設管理者、地域の総代会(自治会)、防災ボランティアが参加しています。テーマは避難所についてを2回に分けてワークショップを行う予定です。

報道で、東日本大震災や広島の土砂災害での避難所の様子をみていると大変そうだなとは感じますが、実際に作ったこともなければ、現地にも行ったことがないので、参加して、今回は1回目ということで避難所とは?について説明と避難所のレイアウトについて考えました。

避難所ワークショップ

 

避難所の鍵はだれが持っているのか?

災害が起きたときに避難所になるのは、市町村によって異なるのですが、小中学校の体育館です。さて、誰が体育館を開けるのでしょうという投げかけがありました。

施設管理者である校長先生であったり、行政・地域担当者であったりしますが、鍵を持っている人が、体育館が避難所として使える状態、安全なのかを調べてから人が入れるそうです。

つまり避難所の開設は行政が行うことになります

避難所は誰が運営するのか?

次に避難所が開いて、そこに続々と地域の人がやってきます。誰がそこで寝てください支持をし、支援物資を受け取るのでしょう?行政には避難所の開設義務はあっても、人手が足りないので運営までは手が回りません。避難所は避難地域の住民等による運営委員会によって運営されていくのです。

避難名簿を作成しよう

避難所にただ人が集まるだけでは支援物資を請求することはできないそうです。避難者名簿を作って、誰が避難しているのがか分からないといけません。そこで避難所には受付が必要になります。

避難所運営委員会になって避難所をレイアウトしてみよう。

避難所レイアウト

付箋に避難所に必要な場所(トイレ、受付)などを書いて、模造紙の上に避難所をレイアウトしようという作業をしました。なるほどーと思ったことを一部紹介

避難者はバラバラだと分かりにくいので地域の町内ごとに区分けして配置する。

情報はその避難所に向けての情報の張り紙(掲示板)と外に向けての張り紙(伝言板)を分けて掲示する。

意見が分かれたところは、トイレを男女離すかどうか。

次回はこのレイアウトのもとに、避難所は状況によって変わるので、柔軟に対応してレイアウトを変えていくワークショップをするそうです。

 

 

 

 

ピアスや財布など大切なものを無くした時にする5つのこと

無くしたときに気が付いた時

大切なものをなくしました。(@_@;)冗談じゃないです(>_<)。今も捜索中です!そんな私が大切なものを無くしたときにした5つのことをいろいろへぇーと思った部分もあったので紹介します。友達からのプレゼントのアクセサリーや財布からスマホまでいろいろ落としたら探してみましょう。案外見つかるかもしれませんよ 無くしたときに気が付いた時

かばんやポケットを確認する。

案外このなかに有ったりします。警察の人もまず、これを確認します。一度ひろげて見てみましょう。

一緒にいた人に確認する。

ピアスなどの小物だったら最後に見た時を知っているかもしれません。一日を振り返るにに力強い味方です。

落とした場所を探す。

基本ですね。くまなく探してみましょう。一人よりも複数の方が新たな視点で見つかる可能性が高いです。時間を変えて探すのもありだと思います。 犬の散歩コースになっている場合、探していると声をかけてくれて手伝ってくれたり、見かけたら交番に届けておくよと言ってくれます。落として絶望的になっている状況で、優しい行動。救いの手です。日本っていいところです。

警察署に遺失届をだす。

最寄りの警察署や交番に遺失届をだしましょう。 今回の私の場合届出書は警察官の方が聞き取って記入しました。名前や住所、電話番号のほかに、最後にあったのはいつか?いつ落としたのに気付いたのかの時間、そして、どこで落としたの?どんな特徴を持っている?と聞かれました。 そのなかで、疑問に思ったのは、あれだけ説明した詳細について書かれたことが落とした市町村名と物の名前だけでした。 落としたと思われる個所は限定されていたので、そのことも話したのですが、結局紙に書いたのは市町村名だけです。落としたものも特徴があるものだったのですが、聞くだけで書きませんでした。備考欄でもあれば書いてくれればいいのに。 そして最後に、見つかったら連絡します。そして自分で見つけたら、届け出た警察署の会計課に連絡してください。

インターネットで愛知県落とし物・忘れ物情報をチェックする。

落としたと思われる別の交番に届いていないか確認しに行ったときに教えてもらったのですが、愛知県では落し物として届けられたものをデータベースとしてインターネットで確認ができます。全国にもあるようです。聞いてなかったら一生待ちの状態でした。初めに教えてよ!

http://otoshimono.police.pref.aichi.jp/index.php

この便利なデータベースは落としたカテゴリや期間、市町村と選択肢があり、このおかげで警察にこちらから電話で問合せをする機会を得ることができました。おそらく警察から連絡することは個人情報が書いてない限りないのではないでしょうか?私は警察からの連絡は一度もありません。

落としてみて分かったこと。まとめ。

このデータベースをみると皆さん、いろいろなものを落として、いろいろなものを拾って警察に届けているようです。ボールペンでも、ハンカチでも動物も交番に届けられているようです。ささいなものでもあきらめることや、まぁいいかとは思わずに、遺失届はめんどうでも、ネットで検索してみてはいかがでしょうか。(見てると面白い) 日本はとても優しいところのようです。そして物は大切にしてください。