道の駅

道の駅潮見坂で小休憩。足湯もある休憩スポット

道の駅潮見坂レストラン

はじめて道の駅潮見坂で食事をしました。道の駅塩見坂は愛知県豊橋市と静岡県湖西市を結ぶ国道1号潮見バイパスにあります。

川端康成風に言うと、トンネルを抜けると浜辺だった!でしょうか。トンネルを抜けると天気が良いとなかなか良い眺めを見ることができます。

私たちは浜松に行くときにここを小休憩ポイントとしてコーヒーを買ったり、トイレに行ったりとよく使っています。産直施設もあるので、ありがたいです。目の前の浜辺はサーフィンスポットなので、道の駅からサーファーをみることもできます。さらに足湯もあるので本当に小休憩にピッタリなところです。

そんな道の駅潮見坂ですが、今まで一度も食事をしたことがありませんでした。そこでチャレンジ!

道の駅潮見坂レストラン

しらす丼と豚丼です。

しらすって塩辛いイメージがありましたが、ちょっぴり塩の味がするという感じなので、付属のたれ、(ポン酢)をいれて食べます。しらすがやわらかくてとってもおいしい。豚丼のブタ肉もやわらかくて甘辛いたれがおいしい。この照りがなんともいえません。

次は足湯に入りたいです。

道の駅可児ッテでサトイモコロッケ

道の駅可児ッテ

とっくりとっくんを見た後、道の駅可児ッテによりました。ドライブ好きなかれしさん。もちろん道の駅も大好き。ちょうどにんじんや玉ねぎがきれたので、買い出しをしたいとおもいました。

道の駅可児ッテ

そこで見つけたのはサトイモコロッケ。特産であるサトイモをじゃがいもの代わりに利用したコロッケです。

ちょうど行った時が揚げたてのようで、かれしさんはそわそわ。でもそわそわしているうちにおばちゃんの集団が現れて、5個、6個、3個と瞬く間に売り切れてしまいました。仕方がないのでかれしさんが作り置きしてあったコロッケを買いました。

あの里芋のふにゃぁとしたぬめりがコロッケからでてきて、これはこれでおいしいと思いました。里芋が可児で特産だなんて知らなかったなぁ。

関連リンク

可児ッテ:http://www.canitte.com/

可児ッテスタッフブログ:http://blog.canitte.com/

岐阜道の駅コンシシェルジュ: http://gifu.areablog.jp/blog/1000026832/p10638372c.html

 

道の駅立田ふれあいの里近くのレンコン畑は写真を撮りに行く価値がある!

愛西市レンコン畑

これ!豊川にも作ってください、説に願うオススメスポットが現れました。

愛西市の道の駅、立田ふれあいの里の隣にある、蓮の花園です。
菩薩様の側に浮いている蓮じゃなくて、レンコンの蓮のほうです。

レンコンの蓮ってちょー大きい。はじめて、実物を見て感動しました。葉っぱも大きいし、あれならリアルトトロができそうです。

蓮を見に行ったわけじゃないけど、ドライブをしていたら、田んぼの中に、レンコン畑あ現れて、感動しました。花が咲いている今の時期じゃなかったら見逃していたかも。何種類かの蓮が植えられているようで、長く楽しめそうです。

レンコンの育て方知ってますか?畑じゃなくて田んぼで泥で育てる、話には聞いてたんだけど、たのしそー。水圧でレンコンをだすところも一度見ておきたいです。

もちろん道の駅にはレンコンの特産物がたくさん。レンコンソフトクリームを頼みましたが、これは見掛け倒しでした。やっぱり蓮根はお惣菜だよ。お惣菜を食べればよかった。

こんな感じの風景がドライブをしているとでてきます。

愛西市レンコン畑

ついつい葉の上に何かを置きたくなる

花が咲き終わった後はこんな感じで実ができる

愛西市レンコン花

どんぶり会館でどんぶりソフトを食べてどんぶりを持ち帰ろう

どんぶりソフト

途中、雨が降ってきて、とっくりとっくんも名残惜しいが雨宿り場所を探しに車でゴー

とっくりとっくん散策したあとはどんぶり会館に行きました。どんぶり会館はドーム型の建物でどんぶりをイメージしてます。

どんぶり会館

中はお土産でいっぱいです。そこで見つけたおもしろいもの

どんぶりソフト

どんぶりソフト

パフェをどんぶりにしたもの。もちろん味は普通。でも試したくなるのが観光客。うちらも注文しちゃいましたよ

しかもどんぶりを持って帰れるんだって、かれしさんとどんぶりソフトを食べた後どうやってどんぶりを持って帰るのかしばらく悩みました

洗ってくれるのかなって。ちなみに丼物をたべても持ち帰れます

どんぶり会館