featured

ロリポップからの脱出!レンタルサーバー切り替えます!

WordPress

レンタルサーバーを切り替えます!

現在ロリポップのチカッパプランのレンタルサーバーを使用しています。そろそろ更新時期なので、いつもなら更新するところですが、このままではいつまでたっても、切り替わらないと思い決断しました。今月からレンタルサーバーを切り替える!

ロリポップを使う理由

ホームページを作ってタグうちしてジオシティーズで公開していた頃、これは私のためにあると思ったドメインを思いつき、取得、レンタルサーバー契約の運びと取りました。

どうしてロリポップとムームードメインなのかと今聞かれたら分からないけど、おそらく検索サイトのトップに有ったのだと思います。プラス低価格で、この契約は初心者の私にとって正解で、分かりやすいマニュアル、設定画面、難しいと思っていた作業をかわいい画面で優しく見させてくれているがとてもありがたかったです。ロリポップとムームードメインを契約してから早5年以上。忘れずに更新し続けています。

初めての人には今でもロリポップ×ムームードメインをおすすめしています。

ロリポップを辞める理由

ロリポップに不満はないです。私の低アクセスサイトでは十分すぎる容量(データの保存量)と転送量(サーバーからデータの取出し具合)です。

購読しているRSSの中にレンタルサーバーを変えましたという記事を見かけるたびにうらやましいと思っていました。表示速度が遅くなったから切り替えたという理由がほとんどなので、私の低アクセスサイトには先のことのように見えていました。

しかし考え方を変えてみた、うらやましがるよりも、やれるんならやってみればいい。それは先のことではなく今やれることなんじゃないのか?

次はさくらインターネットかエックスサーバーにしたい

候補として、さくらインターネットかエックスサーバーを考えています。たくさんあるレンタルサーバー会社の中でこの2つを選んだのは、月額1000円程度に抑えたかったこととロリポップのグループであるGMOから脱出したかったからです。(GMOだらけで不満もあった。)

レンタルサーバーを切り替えの記事はこの2つがほとんどで、移行の仕方レポートもたくさんあるため作業がしやすそうに思えました。

どちらとも無料期間があるのでじっくり考えてみたいです。10月の3連休には移行作業をしたいです。

 

 

 

WordFes2014に初参加!改めて思うWordPress愛と可能性!

Wordfes2014

8/30に名古屋工業大学で行われたWordFes2014に参加してきました。WordFesとはWordPress使いが集まる東海地方の大きなイベントです!

Wordfes2014

WordFesに参加したきっかけ

WordFesの存在はWordBeachやWordCampの頃から知っていましたが、自分の都合や、IT関係者でもない自分が行ってもいいのかというマイナス要素もあって、参加することができませんでした。

今回参加しようと思ったきっかけは、WordBench名古屋のFacebookの更新をちゃんと見逃さないでいたことでしょうか。気づいた時には先週Worbenchだった!というのが多くて、WordBench名古屋にも年に1回くらいしか行ってないです。Wordbenchのグループを見ることはあまりないので、Facebookで更新してくれるとうれしいです見逃しにくかったです。

facebookでいろいろと更新してくれたおかげでWordFesのページもちょくちょく見ることになったし、行きたくなったのです。イベントをするうえで、更新頻度ってのは重要だと思いました。

WordFesに参加して思ったこと、変わったこと

合計で4コマの発表を聞くことができるのですが、日ごろブログとしての機能しか使っていない私にとって、WordPressをアプリのように使ったり、こんなものもWordPressで作られているよと知ることができたことは、WordPressをもっと使ってみたいとおもいました。

頻繁にセキュリティのことが話題になりアップデートされるWordPressの最新動向をつかむことができたのもWordFesの魅力です。アップデートはするけど、新しい物には触れない私にとって、何が問題で何ができるようになったのかをまとめて分かりやすく説明してくれるのは非常にありがたいです。

ネットの中でしかWordPressのことを話さなかった私にとって、人と会って話すことも話が散乱しちゃうけどいろいろな話題に触れてとても刺激的になりました。WordPressはパソコンの中で成長していくものじゃなくて、人と会って成長していくものだと思いました。

次回の投稿は聞いた発表についてです。

長くなったので次の投稿へ

避難所はだれが作るのか、蒲郡で防災リーダー講座に参加してきた

避難所ワークショップ

8/28に蒲郡市勤労福祉会館で行われた防災リーダー講座に参加してきました。このイベントは市民団体が計画して自治体職員や施設管理者、地域の総代会(自治会)、防災ボランティアが参加しています。テーマは避難所についてを2回に分けてワークショップを行う予定です。

報道で、東日本大震災や広島の土砂災害での避難所の様子をみていると大変そうだなとは感じますが、実際に作ったこともなければ、現地にも行ったことがないので、参加して、今回は1回目ということで避難所とは?について説明と避難所のレイアウトについて考えました。

避難所ワークショップ

 

避難所の鍵はだれが持っているのか?

災害が起きたときに避難所になるのは、市町村によって異なるのですが、小中学校の体育館です。さて、誰が体育館を開けるのでしょうという投げかけがありました。

施設管理者である校長先生であったり、行政・地域担当者であったりしますが、鍵を持っている人が、体育館が避難所として使える状態、安全なのかを調べてから人が入れるそうです。

つまり避難所の開設は行政が行うことになります

避難所は誰が運営するのか?

次に避難所が開いて、そこに続々と地域の人がやってきます。誰がそこで寝てください支持をし、支援物資を受け取るのでしょう?行政には避難所の開設義務はあっても、人手が足りないので運営までは手が回りません。避難所は避難地域の住民等による運営委員会によって運営されていくのです。

避難名簿を作成しよう

避難所にただ人が集まるだけでは支援物資を請求することはできないそうです。避難者名簿を作って、誰が避難しているのがか分からないといけません。そこで避難所には受付が必要になります。

避難所運営委員会になって避難所をレイアウトしてみよう。

避難所レイアウト

付箋に避難所に必要な場所(トイレ、受付)などを書いて、模造紙の上に避難所をレイアウトしようという作業をしました。なるほどーと思ったことを一部紹介

避難者はバラバラだと分かりにくいので地域の町内ごとに区分けして配置する。

情報はその避難所に向けての情報の張り紙(掲示板)と外に向けての張り紙(伝言板)を分けて掲示する。

意見が分かれたところは、トイレを男女離すかどうか。

次回はこのレイアウトのもとに、避難所は状況によって変わるので、柔軟に対応してレイアウトを変えていくワークショップをするそうです。

 

 

 

 

コストコ常滑店に行ってきたけど勝手が分からず、迷ったので店内地図書いた。

コストコ中部空港店店内地図

コストコ常滑店に行ってきました。多々間違っているところがあるかと思いますが、店舗内の配置図がどこにもなかったので書いてみました。コストコ店内に入るとまずテレビや冷蔵庫があって、こんなものも売っているのかとびっくりします。

コストコ中部空港店店内地図

まとめNAVER経由でこられた方へ。この地図は私の記憶を頼りに印象に残ったものから作ってます。違うじゃんと言われても困ります。

倉庫と聞いていましたが、確かに倉庫です。1番下のものしか商品が取れません。上は在庫です。しかし下にあるものとはまた別のものになっていて、こんなものもどこかにあるのかと興味がでてきます。通路もカートが3台ぐらい並行できるほど広いです。だからといって、カートを置きっぱなしで商品を取りに行く、見に行くというのはやめましょう。混んでいる中、邪魔です。

コストコ倉庫

コストコカートはでかいです。通常の2倍はあります。それだけ大きなものを買うということですが、みな慣れていなく、けっこう当たります。商品を見ているため前を見ないため後ろからぶつけられることもしばしば。私はサンダルで行ってしまったので、ぶつけられると足元がちょうどあたって痛かった。

商品カゴというものがないのに、何かを買うということになると、カートがいるということになります。もう少し小さいもほしいです。

コストコカート

全体的な感想としては、写真にある通り。

ご利用は計画的にです。

どんなものが人気なのか、ほかの人のカートの中を知らず知らずにチェックしてしまっている私がいました。みんな同じようなものを買っているのですが、そんなに買って大丈夫なのかという感想を持ちました。