資生堂企業資料館に来る人はどんな人なんだろう。行ってみた。

女性なら1回は憧れる化粧品メーカー資生堂。残念ながら、私は、あんまりメイクに興味がないので、お世話になることもあまりないのですが、龍尾神社に行った帰り道にネットで掛川市を検索していたら、資生堂企業資料館というものを見つけて、時間があったので立ち寄ってみました。

ここが面白い資生堂企業資料館

資生堂フォントとロゴの変遷!

この資料館で1番気にいったのは資生堂フォントでした。けっこうこだわりがあるようです。

資生堂資料館

ロゴのアルファベットのS。あの曲線が時代ごとに変わっていくのはおもしろかったです。

歴代モデルでみる資生堂の広告塔!

今までの化粧品のポスターを見ることができます。ポスターに関しては、懐かしい物がチラホラ。宮沢りえとか、ちょーなついんですけど!!!ちえとひーくんが懐かしいねで盛り上がったところ。

資生堂の社歴!

もともとは薬局で育毛剤を開発。その後、化粧品となったようです。

とまぁ、こういったものが展示してあります。ちえとひーくんは、あんまり興味がもてなかったけど無料で入れる資料館は珍しく、アンケートに答えると資生堂のサンプルがもらえるときがあるので龍尾神社や掛川城に行ったついでに時間があったら、ぜひお立ちより下さい。

資生堂ルージュ

併設で資生堂アートハウスという現代美術が展示してある美術館もあります。こちらのほうは、ちえとひーくんの理解を超えてしまったのでノーコメントとします。

この資料館、意外とデートでくる人がいるようで、夫婦やカップルで展示を見ていました。展示が面白いかどうかは自分が決めることです。つまらなかったら、おもしろいところ見っけをしたり、どうしたらおもしろくなるのか考えてみましょう。

ちえは資生堂の化粧品のボトルが欲しかったです。たまにかわいいのがあるんだよな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA