岐阜市の金公園の市電の使われ方がgood。買い物&お参り休憩に使いたい公園

初詣に金神社(こがねって読みます)に行ってきました。神社の手前にある金公園の市電がの展示がかわいかったのでご紹介します。

金公園は柳ケ瀬商店街の繁華街にあります。ゆるキャラを引退したやななのいた柳ケ瀬商店街です。ちえなびではやななの存在意義としてやななのいない柳ケ瀬商店街に行く価値があるのか?という話題に触れましたが、こうしてまた尋ねることができたのもやななのお導きなのでしょうか。

公園にはフェンスが貼られていますが、触ったり、中に入ったりすることができます。

金公園市電

この市電は岐阜市内を走っていたものです。名鉄電車が路面電車を岐阜で走らせていたとは知りませんでした。2005年に廃止されました。愛知県豊橋市にも路面電車があるので、身近に感じてしまいました。

岐阜路面電車

 

中にはいると、運転席はもちろん吸われるのでプチ運転手体験をすることもできます。ただ、路面電車を展示するだけでなく、路面電車が走っていた当時の写真を飾ったり、岐阜市内のイベント情報や各地の電車イベントのちらしを置いたりと、今も形を変えて使われています。

路面電車が好きな人たちがお手入れをされているようです。

私たちが行ったときも、子どもたちは路面電車で電車ごっこをして遊んだり、カップルは席に座りながら雑談したりと、これは新しい使い方だと思いました。蒸気機関車の展示が公園にありますが、運転席だけなので、一組の家族が入る場しかないため長居できません。電車なら長居ができますね。あの電車のシートって普通の椅子より話が盛り上がりやすいと私は思います。

確か東京の渋谷だったからどっかにも電車の何かがあったような。。。

金神社に行った際には正面の金公園の路面電車にお立ち寄りください。

金神社

金神社HPをみると、由緒のリンクがあるから見ようとしたら押せない!なんて紛らわしい、下線。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA