iPhoneメールアプリをSparkに乗り換えました

iPhoneのメールアプリの1つMailboxが終了してから、いろいろなアプリをさまよい、結果Sparkというアプリに落ち着きました。

Gmailのアーカイブって使ってる?

Gmailにはアーカイブという機能がついていて、読んだメールや終わったメールなどをアーカイブにいれて受信箱を空にするという機能を持っています。この機能があまりなじみがなく、私は読んだメールも受信箱に入れっぱなし、またはゴミ箱です。

読んだらゴミ箱という作業をしたいのですが、デフォルトのメールアプリではアーカイブされてしまい、それが気に入りませんでした。

MailBoxにあったスワイプでゴミ箱

終了してしまったMailboxにはスワイプすることでアーカイブ、もしくはゴミ箱に入れることができる機能を持っていました。

これがとても便利でメールのタイトルで読む読まないを判別してゴミ箱に入れることができサクサク処理できます。本文読まずにゴミ箱行きはTwitterのフォローされましたメールやFacebookのいいねリクエストです。

Sparkメールアプリにもスワイプでゴミ箱

Mailboxのサービスが終了後、デフォルトのアプリやGmailアプリ、Swingメールといったいろいろなアプリを試したのですがこのスワイプでゴミ箱という機能がありませんでした。

Sparkというメールアプリには左右にスワイプのほか、スワイプの大きさ別の4種類ででゴミ箱やピン留め、既読/未読にできるほかEvernoteに保存などのクラウドに保存も選べMailBoxよりも強化されたアプリに思えました。

SparkはReaddleという会社が作っているアプリで、ほかにも使っていたアプリがいくつかあったので安心して使えそうです。サービス終了しないでよ。

ちえのまとめ

スマホのスワイプ機能が振り分けにめっちゃ便利でパソコンでも使えたらなと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA